がのちゃんねる〜GANO! の、補完と保管。

YouTubeチャンネル『がのちゃんねる〜GANO!』と併せてお楽しみください。

GBAコレクションを自慢しよう!

f:id:ganoblog:20211106205137j:image

今日の動画は、いつものように恒例の、不思議の国のアリ……じゃありません!!

アリスも次のPart7で最終回なんですが、ラストを目前にしていくらなんでもこれはいかんだろうと。ふと我に帰りまして。

今回はちょっとですね、PS系列から離れまして……あえての任天堂にいこうと。

そんなワケでGBAですよ、アドバンスです、アドバンス!!

f:id:ganoblog:20211106205728p:image

──こちらはポケモンセンターで限定発売された、リザードンモデルのゲームボーイアドバンスSP

アドバンス、アドバンス……とは言いながら、この令和の時代に、単三電池で動くような画面真っ暗のゲーム機は遊べたものではないですからね。ここでいう“アドバンス”とは、後続機器“SP”のことだと思っていただけると幸いです。

SPといえば──僕が小学校に上がるかどうか、という頃に発売されまして。当時はもう、びっくらこきましたよ。だって、変な後付けのライトがなくても画面も明るいし、当時のケータイみたいに折り畳んで持ち歩けるんですから。

特に2段階ライトにはお世話になりまして、コレのおかげで“徹夜ゲーム”が捗りました。ギルティ……。

ただひとつ、嫌な思い出があるとすれば、このSPから本格的にバッテリーが電池から充電式に変わりまして。通常時は緑色の電源ランプが、充電がなくなってくると徐々に赤色に変化していくんですね。ただ、僕が遊んでいると、いつも勝手に電源が切れるんです。

「あれれ〜おかしいな〜?」と思って原因を探っていった結果、なんと色弱が発覚する……という。

色がまったくわからないというワケではなく、色と色の違いが“わかりにくい”くらいのレベルなんですけどね。その中でも特に、赤系と緑系の違いが判別しづらいタイプらしく……。

このバッテリー問題には本当に悩まされました。今現在、スマホの充電が常に100%じゃないとなんとなく気持ち悪いのも、この時の“充電切れ”のネコポニー(千原ジュニアさん作の造語。トラウマほどではないが、少なからず自分の人格形成に影響を与えているであろうものの意)からくるものだと思います。

当時はそれこそ、弟と一緒に僕がファイアレッド、弟がリーフグリーンを遊んでいたのですが、あれ、今やってるのどっちなのかな……? って。

……いや、さすがにそれはないですけどね笑

f:id:ganoblog:20211106212853p:image

続いては通信ケーブル

もう、この響きが懐かしいですね。

誰もが一度は真ん中の四角い部分にどちらか一方のケーブルを挿してみる……という遊びをしたのではないでしょうか? 本来は、また別のケーブルを挿して複数人で通信するためのものなんですけどね。究極のマッチポンプです笑笑

f:id:ganoblog:20211106213514p:image

通信ケーブルの後続機器ワイヤレスアダプタ

コイツが出てきた時は、友達連中みんなで盛り上がりましたね。だって、通信ケーブル要らないんですよ!?

意味もなく、みんなでファイアレッドのナナシマにある縄跳びのミニゲームとかやってました笑笑

まさかこのあとすぐにニンテンドーDSが出てくるとは知らず……呑気な少年たちでしたね。

f:id:ganoblog:20211106214338p:image

カードeリーダー

コイツとの思い出といえば、一回もちゃんとSPに挿さったことないな……くらい。

カードもいっぱい持ってたんだけど……どこやったかな〜。

友達がどうぶつの森で必死にシャッシャッやってた記憶があります。

f:id:ganoblog:20211106214657p:image

ゲームボーイミクロちゃん。

この子はなんだか“ちゃん”を付けて呼びたくなりますね。ホントにかわいい。

アドバンス系列で唯一、イヤホンが挿せる有能でもあります。

今買うと、中古でも平気で定価以上するんですね。買っておいてよかった〜。

f:id:ganoblog:20211106215011j:image

ここからはソフト編。

……もう、トマトアドベンチャー神ゲー!」とか鉄腕アトムは隠れた名作!」とか、そんなことは聞き飽きましたよね?

まとめサイトにいくらでも書いてありそうなことはあえて触れず、ここでは『桜国ガイスト』について言及させていただきます。

こちらもネット上では神格化されているゲームでして……まあ発売がスクエニ(当時はエニックス)ですし、たしかにめちゃくちゃ面白い作品ではあるのですが。

ただ、その評価理由というのが問題でして。

このゲームはざっくり説明すると囚われのお姫様を不思議な力を持った兄妹が助け出す……というお話になっていまして、ゲーム開始時に兄か妹のどちらかを操作キャラクターとして選択することになるのです。基本的にはお兄ちゃんがデフォルトキャラクターみたいな扱いで、ストーリー的にも助け出したお姫様とキャッキャウフフみたいなラブコメ展開もあったりするんですね。そして……これが、妹の方を選んだ場合でも同じようなイベントが進行するのです。……わかりますか? 妹とお姫様がキャッキャするのです。

──つまり、この作品を支持している層の半分以上は「百合は尊い」という、この一点のみを持ち上げているだけの“エアプ”なのです!!

動画でイベントシーンだけ摘んで神ゲー神ゲーと言っている連中に、UI周りの不親切さを味わわせてやりたいですよ、ホント。ボタン配置どうなってんねん、と。

このゲームの売りでもある「オリジナルの必殺技を作れる!」という要素も、ただ名前付けるだけ……みたいな。FF6のカイエンですよ、こんなもん。

……ただ、それを補って余りあるほどシステム、ストーリーともに面白いですけどね。だから実際にプレイしてください。お願いします!!

あ。あと、ロックマンエグゼ3とかは言うまでもなく名作なのでアレですが、動画内でもオススメした妖怪道はぜひ遊んでみてください。めちゃくそ面白いです。サモンナイトクラフトソードシリーズもオススメ!

f:id:ganoblog:20211106221419j:image

メイドインワリオとか、スライムもりもりなんかはもう……テッパンで面白いですよね。

個人的にはDRAGON BALL アドバンスアドベンチャーを推したい。貴重な無印ゲーです。

横スクロールでステージをクリアしていき、ボス戦はガチンコの格闘。これがよき。絶対にやるべき!

あと、遊戯王 DM6ヒマつぶしで一生遊べるし、ガッシュ友情の電撃(ザケル)シリーズも好きだけど、やっぱり魔界のブックマーク

ボーボボ9極戦士ギャグ融合キャラゲーとしての完成度が高いと思う。この手のゲームって基本、話をすっ飛ばし過ぎて「原作を読んでいないとなにがなにやら……」というパターンが多いんだけど、ボーボボの場合は原作を読んでいても意味不明だからセーフという。無敵理論です。

f:id:ganoblog:20211106222813j:image

逆転裁判は今や、説明不用の名作ADVですね。

個人的にはあしたのジョーが好き。このブログでも「実況やりたい」って記事を書いたけど、やっぱりそもそも、原作が好きだから……愛のあるゲームはもう〜大好きです。

そして、ぴちぴちピッチも外せない。なんならコレが一番のマイフェイバリットまである。

GBAでボーカル入りの音ゲーに挑むという異質な作品。リズム天国的な“リズムゲー”ともまた違うんですよね、これが。

そもそもアニメが名曲揃いだからプレイしていても楽しいし、ミスをするとボーカルの音が外れるというこだわりっぷりもすごい。ピッチは変なところで少女漫画原作らしからぬトガり方を見せてくれますね……。

いや〜GBAは直撃世代なこともあって、語っても語っても全然 足りませんね!!!!!

本当なら、全部のソフトについて一個一個語りたい気分ですよ。(面倒臭いから絶対やらないけど)

ていうか、ケースに入りきらないのがまだまだあるんです。これを全部紹介していたらキリがありません。

そんなワケで、今日はこの辺で。

あ〜かなり長くなっちゃった……今回はスペシャルな記事になりましたね。

……あ、SPってそういう意味!?